第13回腫瘍免疫学術総会に参加しました

平成29年6月25日(日) 京都のメルパルク京都会議室にて、第13回腫瘍免疫学術総会が開催され、参加しました。 福本学先生(東北大学名誉教授、東京医科大学特任教授)の座長で、勅使川原計介先生(東洞院クリニック)から「免疫…

杉浦貴之RUN&LIVE in 海洋大学に参加しました

2017年6月11日(日) 東京海洋大学(旧商船大学)のランニング大学とチームメッセンジャー・コラボ企画 杉浦貴之RUN&LIVE in 海洋大学に参加しました! ランニング大学を主催する山西哲郎先生が、ホノルル…

腸内細菌とがんについて

腸内細菌とがんについて 慶應義塾大学医学部内科学入江潤一郎講師から、腸内細菌と疾患の関係の話を聞く機会がありました。入江先生は、糖尿病、肥満症、慢性腎臓病を専門とされています。 まず、腸内細菌は、人それぞれ持っているもの…

「がん治療設計ノートの使い方」説明会について

「がん治療設計ノートの使い方」説明会の開催ご案内 当窓口では、がん治療設計にあたり標準治療と先端医療、局所療法と全身療法をどのように組み合わせて、効率的・効果的に良い結果をだし、そして完治を目指す治療設計のご相談をしてい…

地域包括ケアシステムとがん治療について

平成29年2月17日 一般財団法人医療関連サービス振興会主催シンポジウム「地域包括ケアシステムの中軸としての医療介護連携と医療関連サービス~地域で治し支える医療の広がりを踏まえて~」に参加しました。 医療介護総合確保促進…

石井光著「医者の罪と罰」(幻冬舎)を読んで

石井光医学博士は、当社団法人の理事長です。前著「医者の嘘」につづき「医者の罪と罰」をこのたび上梓しました。衝撃的なテーマですが、内容は石井医師が長く取り組んできた「がん治療」と「サプリメント」について、メディアを通じては…

第10回YSメソッド医療研究会に参加しました。

第10回YSメソッド医療研究会(YS「心の再生」医療研究所主催)が、平成28年10月11日(火)午後6時半から東京都中央区日本橋のアイジエー東京本部が開催され、当社団事務局長中村がパネリストとして参加しました。YS「心の…

第9回放射線ホルミシス講演会に参加しました。

一般社団法人ホルミシス臨床研究会主催 第9回放射線ホルミシス講演会(H28.9.25東京理科大1号館記念講堂)に参加しました。 元国立がんセンター放射線研究部長 理学博士 田ノ岡宏先生の特別講演「生体における放射線の影響…

夏季休暇のお知らせ 8/8(月)から8/12(金)まで

平素、当社団法人の活動に御支援賜りありがとうございます。当社団法人では8月8日(月)から8月12日(金)まで夏季休暇をいただきます。8月15日(月曜)午前10時より通常業務となりますので、よろしくお願い申し上げます。この…

セミナー開催のお知らせ:「がん治療設計ノートの使い方」

当社団法人主催「がん治療設計ノートの使い方」セミナー開催のお知らせです。 今回は「がん治療設計ノートの使い方」です。「がん」と診断されると普段全く聞いたことがない医療用語や、どういうことが身体に起きるのか初めてのご経験で…

先端治療薬研究会第4回学術集会に参加しました。

平成28年5月20日(金)AP東京にて先端治療薬研究会第4回学術集会が開催されました。防衛医科大学病院腫瘍化学療法部長の高野政志先生座長で厚生労働省医政局研究開発振興課長の神之田昌博氏から「臨床研究をめぐる行政の動き」、…

ホルミシス臨床研究会に参加しました。

  平成28年4月24日(日)千代田区神田錦町の学士会館にて、東京薬科大学大学院教授安西和紀先生の特別講演「放射線の話」が開催され参加しました。 放射線の話では、X線、アルファ線、ベータ線、ガンマ線、中性子線、…

㈱日本シルクバイオ研究所との情報交換

㈱日本シルクバイオ研究所との情報交換 平成27年12月22日、平成28年1月13日の2回にわたり安永社長、神戸事業所岩永所長と冬虫夏草について詳細なお話しうかがうことが出来ました。冬虫夏草は、漢方医や中医の方々のがん治療…

セミナー開催のお知らせ:「がん細胞の特徴」

セミナー開催のお知らせ:「がん細胞の特徴」 「がん細胞の特徴」セミナーを開催します。 日時:平成27年6月19日(金)午後1時から2時半まで 場所:新日本橋石井クリニック3階会議室 参加料金: 1名500円(茶菓子代込み…

ホルミシス臨床研究会の学術研究会に参加しました。

平成27年2月8日(日)千代田区神田錦町の学士会館にて、東京理科大学大学院教授小島周二先生の特別講演「低線量の放射線を臨床に用いるための基礎知識」が開催され参加しました。 放射線の話では、ベクレル、グレイ、シーベルトなど…

ドナルド・エイブラム、アンドリュー・ワイル著 がんの統合医療 メディカルサイエンスインターナショナル社 2010年日本語訳発行(2009,Oxford University Press)

この本の著書の一人、米国統合医療アリゾナセンターのワイル氏は、世界的な自然療法の権威として有名です。そのアリゾナセンターの統合腫瘍学の指導者であるエイブラム氏と共著で、統合腫瘍学の考え方、さまざまな代替療法の利益とリスク…

平成26年11月13日(木)衆議院第2議員会館で講演会

民主党内派閥の素交会(大畠章宏代表)の政策勉強会に招かれ衆議院第2議員会館で一般社団法人がん治療設計の窓口の設立目的、活動状況について説明する機会をいただきました。衆議院解散、選挙の動きの報道があり、世相が激しくなる中で…

がん治療設計ノートの頒布をはじめました!

当社団法人では、がん治療にかかるデータなどを記録・整理しやすいノートを作成し、面談にこられた方にご利用いただいています。この度、がん治療設計ノートを一般に販売させていただくことになりました。ご購入は、郵便局からのお申込み…

東京浅草中央ロータリークラブで説明会

平成26年10月1日 東京都台東区西浅草の浅草ビューホテルにて、東京浅草中央ロータリークラブの会員の皆様に当社団法人の活動の説明をさせていただきました。尾泉良和会長、潮田幸一幹事のお計らいにより46名の会員の皆様にお集ま…

オーソモレキュラー.jp記念講演会に参加しました。

平成26年8月31日(日)有楽町朝日ホールで開催されたオーソモレキュラー.jpオープニング記念講演会に参加しました。1500名を超えるであろう会場席が埋まる盛況さに驚き、栄養療法に対する社会の関心の高さを改めて感じました…

厚生労働省で当社団法人設立の記者会見をしました。

平成26年7月8日午後3時半から 厚生労働省の厚生記者会及び厚生日比谷クラブの合同記者会見を行いました。 石井理事長、藤井理事が社団法人設立の経緯、社団法人活動の社会的意義について説明をしました。 6月24日に閣議決定さ…

WEBサイトを公開しました

こんにちは がん治療設計の窓口では、先端医療や健康保険(公的医療保険)が適用される範囲では、先端医療の利用は一部の治療法に限られます。保険適用されていない先端医療も含めることで、どのような治療選択肢があるのか、またどのよ…