平成26年12月、平成27年1月の相談実績

平成26年12月の相談実績:

 男性2人、女性4人。前立腺がん(Ⅳ)、肺がん(Ⅱa)、大腸がん(Ⅳ)、子宮体がん(Ⅰ)、卵巣がん(Ⅳ)、喉頭部のがん(病名不明)。

相談延べ件数8件。

平成27年1月の相談実績:

 男性3人、女性5人。傍神経節腫瘍、大腸がん(Ⅳ)、甲状腺がん(Ⅳ)、乳がん(疑い)・(Ⅰ)、胃がん(Ⅱb)。

相談延べ件数13件。

 

平成26年12月、平成27年1月の相談件数は上記のとおりです。日本橋小舟町の当社団事務所まで相談に来られた方をご報告しています。お電話でのお問合せは、北海道や九州からもいただいております。お電話ではがん治療設計の基本となる全身療法と局所療法、標準治療と先端医療について一般的な設計についての説明をいたしております。個別の治療法の可否、良否については、お電話では限界がありますので、面談またはスカイプでのご相談をお願いしています。スカイプでのご相談は、無料ソフトをダウンロードしていただき、ご希望の相談日時、相談時間をお知らせいただき調整させていただいています。

12月は、先月に引き続きトモセラピーのテレビ放映をみて、適用対象になるかどうかのお尋ねを多くいただきました。トモセラピー、サイバーナイフは局所療法であること、治療実施施設が限られていること、適用対象基準が病院によって違いがあること、治療設計おいては全身療法も併せて考えることなどをポイントにご説明をさせていただきました。1月は、石井光著「医者の嘘」に当社団法人の紹介があり、この本を読んでのお問合せを多くいただきました。

遠方の方々からのお問合せが増えており、できるだけお電話でもお尋ねの内容にお応えできるように努めております。スカイプでのご相談は、電話では難しい、がん治療に関する資料をご覧いただきながらのご説明が出来ます。スカイプはどなたでも一度、練習すれば簡単にできます。是非、スカイプのご利用もご検討いただきたく存じます。

トラックバックURL