生命保険の買い取りについて

生命保険の買い取りについて

 

2004年に我が国初の生命保険買い取り会社「株式会社リスク・マメジメント研究所※」が設立されているのをご存知でしょうか?自分の生命保険金を受け取る権利と今後の掛け金の支払い義務を「生命保険買い取り会社」に委譲し、死亡保険金の額から何割かのマージンを引いた金額を入手するシステムです。

買い取り金額は、保険の種類・残存保険料、保険期間などの生命保険の内容と病状を考慮して決定されます。このような生命保険の売買は、英国にて1844年Foster&Cranfieldによって行われ1899年から流通市場が出来上がり、米国では1989年以降HIVの拡大とともに普及し1993年に法整備もされ、この他ドイツ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、香港などでも行われているとのことです。

同社のホームページでは「残された人生をより充実させるための資金を必要としている人」「高度な先進医療を受けたい人であり高額な治療費が必要な人」「重い病気により、治療費の支払いが困難になった人や生命保険の支払いが困難になった人」「死亡保険金ではなく、病気と闘うために資金が必要な人」などが対象になるとの説明があります。ただ売却の前にリビングニーズ特約がある場合は該当することを粘り強く請求することが大切とのことです。ご家族全員の承諾も必要です。

 

※株式会社リスク・マネジメント研究所http://www.hoken-kaitori.com/about/

〒136-0076 東京都江東区南砂2-3-2-729

TEL:03-5677-4001/ MAIL:info@hoken-kaitori.com

 

トラックバックURL