症例4 胃癌術後の肝転移

•2009年11月に胃透視で異常を指摘
•    12月に上部消化管内視鏡検査で胃癌と診断(内分泌細胞癌)
•2010年 2月に国立がん研究センターで幽門側胃切除.

    その後8月までTS-1内服

•2011年9月CTで肝転移を認めTS-1中止
•         10月イリノテカン+シスプラチン開始するも嘔気などの副作用で中止
•2012年1月ANK①+HER
•    2月ANK②+HER
•    4月ANK③+HER
•    5月ANK④
•    6月ANK⑤
•    9月CTにて腫瘍の縮小効果あり

2017年元気に暮らしているとの連絡あり

13

トラックバックURL