がん治療設計ノート説明会が11月から新宿、巣鴨でも!

がん治療設計ノート説明会の開催地が新宿、巣鴨でも!

当社団では、がん治療設計ノートの説明会を毎週、中央区の区民館で開催しています。闘病に当って情報の整理、そして納得いく治療の選択をするためにコンパクトなノートです。主治医からの説明の中で、何が大事なのか、何を押さえておかなければいけないのか、ページごとの欄に必要な項目を埋めていくことで治療戦略を自分で考え始めることが出来ます。ノートの末尾には、簡単な用語の解説集も載っていて、主治医の使う専門用語の意味を調べられるようになっています。

またセカンドオピニオンを受けるためには、主治医に診療情報提供書を求めなければなりません。主治医にセカンドオピニオンを受けたい!と申し出ようと思っても、ちょっと気がひけることはありませんか?、このノートに情報をメモしておけば、そのまま診療情報提供書レベルの内容になり、とりあえずの第三者の意見を聞くことも可能になります。

これまで中央区の集会施設、銀座区民館、京橋区民館、明石町区民館、堀留町区民館、久松町でノートの説明会を開催し、好評をいただいてきました。このたび賛助会員の㈱MOZU様のご協力により、新たな開催場所として、西新宿、巣鴨でもノート説明会を企画する事が可能となりました。現在、11月からのスタートです。日程が確定次第、新ためてお知らせいたします。

中央区エリアから、新宿区エリア、池袋エリアにも開催地が増えることで、より多くの皆様が参加しやすくなることを心から願うところです。多くの皆様に御愛用いただければ嬉しいです。

トラックバックURL