セミナー開催のお知らせ:「がん治療について」11月21日(月)午後1時から

当社団法人主催「がん治療について」セミナー開催のお知らせです。

今回は「がん治療について」です。「がん」と診断されると普段全く聞いたことがない医療用語や、どういうことが身体に起きるのか初めてのご経験である手術、放射線療法、抗がん剤治療など、さまざまな新しい情報を理解し、整理し、イメージしながら治療戦略や具体的な治療法を自分で選択をしていかなければなりません。

どのような治療法であっても病院では「同意」書が求められ、ご自身に治療法を選択した責任があることになっています。青天の霹靂でがんと診断され、慣れてない話のなかで自己責任で治療法を選択していくことは大変な重圧になります。

今回のセミナーでは、治療選択をする際のポイントをテーマします。がんを治すことに専念するために、たくさんの情報を少しでも整理して納得いく治療法を選択することがよい結果に結びつきます。がん対策基本法には、本人の選択を支援する体制作りをするように規定されています。患者の権利として治療の選択が位置づけられています。

しかし、現実には忙しそうな主治医に何でも相談することははばかられますし、また専門外の治療法の話を求めても十分な情報は得られません。免疫療法など自由診療も一緒にするなら責任をもてないと主治医から治療を断われることもあります。また、検査待ち、診断待ちの期間は、何も手立てがない空白期間ですが、この間の不安を相談する窓口も病院にはありません。

このような現状に対して、がん治療の全体像を見通すことで、少しでも不安を解消し納得できる治療に専念できるようご支援するセミナーになれば、と思います。

また、当社団法人で作成したがん治療設計ノートの使い方もご説明します。医療機関での検査結果や治療方針のメモの取り方、先端医療情報の整理の仕方、食事療法やサプリメント、健康機器、生命保険の管理、医療費の管理、知っておきたい医療用語など1冊のノートに整理できるよう工夫したものです。

みなさまのご参加をお待ちしています。談話形式ですのでお気軽にご参加ください。

費用:参加無料(がん治療設計ノート、お一人様1冊配布)

定員:各部5名まで

日時:平成28年11月21日(月)午後1時から午後2時半(第1部)、 午後3時から4時半(第2部)

場所:中央区久松町区民会館http://www.meccs.co.jp/shiteikanri/chuo/hall/hisamatsu.html第3集会室

講師:一般社団法人 がん治療設計の窓口 事務局長 医学博士 中村健二

※未来環境研究機構㈱のご好意により、天然ラドンガス吸入装置「ラドンナ」の無料体験も出来ます。

 お申込み:当社団法人へ電話03-3562-4881、FAX03-3562-4882でお名前、人数をご連絡いただくか、またはメールの相談フォームhttps://www.ganchiryo.org/consult-form/にセミナー参加の旨をご記入の上、お申込みください。

トラックバックURL