分子標的薬

分子標的薬は、現在、多くの種類が開発され欧米では従来の抗がん剤「殺細胞剤」よりも使われるようになってきました。日本でも一部の部位のがんを対象に保険適用になり始めているのですが、本来、分子標的薬は、がんの部位には関係なく作用する設計になっています。そのため、保険適用外処方(自由診療)により、分子標的薬を使用することで、がん治療の選択肢が大きく広がる可能性があります。(つまり、乳がんを対象に保険適用になっているからといっても、薬剤の原理から考えれば、乳がん以外のがんにも有効な可能性がある、ということです。)

代表的なものは、細胞増殖に関連する物質を標的とし、がん細胞の増殖にブレーキをかける作用があります。正常な細胞の増殖も抑えてしまいますが、細胞を殺す作用はもっていないため、「殺さない抗がん剤」とも呼ばれます。一般に、免疫細胞には悪影響を及ぼしません。

がん完治の為の無料セミナー開催! 納得いくがん治療を選択するためのセミナーです。参加無料、ノート無料配布(ご家族様で1冊)、定員各部5名まで

組み合わせで効果を発揮する分子標的薬

細胞を殺さないのなら、どうのようにがんを攻撃するのでしょうか。細胞の増殖にブレーキをかける働きにとどめることで免疫細胞へのダメージを避け、免疫ががんに打ち勝つことを期待しているのです。その免疫細胞とは、もちろん腫瘍免疫(がんに対する免疫)の主役であるNK(ナチュラルキラー)細胞です。ANK療法は単独でも、がんを治療する設計で開発されましたが、がん細胞が増える勢いと、NK細胞が、がん細胞を殺していくスピードの勝負となります。そこへ、がんの増殖を抑える薬剤を併用すると、相乗効果を期待できると考えられます。

また、分子標的薬の一種である抗体医薬品の中には、NK細胞の能力を高めるADCC活性(抗体依存性細胞傷害活性)をもつものもあり、ANK療法と同時に併用するのが理に適っています。更に、ADCC活性を100倍近く増強する加工を施した抗体医薬品も、一部のがんに限定はされていますが使用が始まっています。

ANK療法との組み合わせ

下図は、様々な方法における細胞障害活性の数値を表したグラフです。ANK単体での治療に比べ、ANKとハーセプチンを組み合わせた場合に、より高い数値が見られることが分かります。

細胞障害活性のグラフ

グラフ:リンパ球バンク社提供

※1:日本で最も普及している免疫細胞療法。20~50ml程度の少量の採血によりリンパ球を採取し、概ね2週間程度、培養する。実際には、〇〇T細胞療法や、△△NK細胞療法など様々な名称で呼ばれているほとんどの免疫細胞療法も、細胞構成は、ほぼ同じ。
大多数が、がん細胞を傷害しないT細胞で、数%以下の活性が低いNK細胞が混じっているもの。発熱などの免疫副反応はほとんど生じない。

※2:標的がん細胞を傷害するT細胞の一種CTLを選択的に増殖させたもの。

※3:ANK療法単独。時間をかければ100%がん細胞を傷害するが、4との差を明らかにするため、所定時間内に傷害したがん細胞のみを数えたもの。

※4:ANK療法にハーセプチンを加えたもの。

※5:ハーセプチン単独。増殖抑制作用は発揮しているはずであるが、この測定では、傷害されたがん細胞だけを数えている。

理想的がん治療設計のパターンの例:がんと診断された時点で

  1. リンパ球採取 ANK培養開始
  2. 手術 標的とするがん細胞の摘出
  3. CTLの培養も追加
  4. ANK + CTL + 分子標的薬

がん手術後、化学療法をした後

  1. 化学療法の開始前にリンパ球採取
  2. ANK + 分子標的薬

注CTL:
T細胞を標的となるがん細胞と一緒に培養し、標的(がん細胞)を破壊するキラーT細胞を選択的に増やし体内に戻します。ただCTLはごく限られたがん細胞しか傷害できず、標的と少しでも性質が異なるがん細胞は見向きもしません。

先端医療のご紹介(がんの治療方法・先端医療・癌治療の費用などをご提案します)

患者様の病状やこれまでの治療方法などをヒアリングさせていただき、どのような先端医療を利用することが出来るのか、希望される先端医療と標準治療とどのように組み合わせたらよいか?がん治療の治療費の目安はどのくらいなのか?体への負担や治療の期間はどのくらいか?などがん治療の治療設計をご提案いたします。