がん治療の新たな選択肢をみつけます

がんは、標準治療だけでは抑え切れなくなり、延命だけを目指すことが少なくありません。がんの完治を目指すには、標準治療の枠を超えて、保険適用されない先端医療も含め、様々な治療を組み合わせる「集学的な治療」を考えることも重要です。ところが、どんな治療があって、それぞれどこでやっていて、どう組み合わせていけばいいのか、患者様が、ご自分で調べ考えるしかないのが実情です。

どんな治療にも旬な時があったり、組合せによって威力がまるで変わることがあります。がん治療設計の窓口では、できれば、がんと診断された段階から、少しでも早い時期に、先端医療も組み込んだ治療設計を実現することで、患者様に完治を目指していただきたく、お手伝いをさせていただきます。

セカンドオピニオンとの違い

先端医療のご紹介

患者様の病状やこれまでの治療方法などをヒアリングさせていただき、どのような先端医療を利用することが出来るのか、希望される先端医療と標準治療とどのように組み合わせたらよいか、などがん治療の治療設計をご提案いたします。